早期教育を受けるメリット|幼児教室で親子の絆を深める

教師と女の子

入園したら準備するもの

保育園

最近は夫婦共働きの家庭が多くなています。そのため、子供を保育園に預ける家庭は多くいるでしょう。子供を福岡の保育園に預ける時は、準備するものが意外といっぱいあります。忘れないようにしましょう。

View Detail

運動で健康的な体作り

女の子

最近の子供は昔よりも外で遊ぶ機会が減っています。テレビゲームばかりして全く外で遊ばない子供もいます。しかし、それでは健康になりません。ですからスポーツの習い事をさせて、体を動かすようにしましょう。

View Detail

体験レッスンに参加

こども

自分の子供を幼児教室に通わせる家庭が増えています。体験レッスンに通わせる前に体験レッスンに参加してみましょう。実際に参加することでわかることもあります。たくさんある幼児教室から一つ選ぶためにも体験レッスンに参加しよう。

View Detail

子供が天才児に!

女の子

近年日本では少子化が進んでいます。そのため、自分の子供に早期教育を受けさせる親が多くなっています。子供の数は減っていますが、子供を大事に育てる風潮になっています。
通常日本の場合は、小学校からが義務教育です。しかし、子供本人の意思とは関係なく、親の意向で幼児教室に通わせ、小さいうちから、スポーツや英語、数学、音楽などを学ばせます。中には、0歳のうちから自由が丘の幼児教室に通わせる人も多くいます。なぜこんなにも、早期教育が流行っているのでしょうか。早期教育が流行っている理由は、子供の脳の発達と関係しています。子供の脳は6歳までにほとんど完成します。そのため、完成仕切る前に、沢山の刺激を与えて発達の促進を促すことが、早期教育の最大のメリットです。
人間の脳は3歳までは右脳が発達します。3歳から6歳までの間に左脳が発達していきますですから、0歳のうちから脳に刺激を与えて上げることで、脳の活性化になります。この時期に脳に刺激があると、大人になった時にも大きく影響します。つまり、早いうちから幼児教育を受けることで、天才児になる可能性があるのです。
また、自宅にばかり篭っているよりも。自由が丘の幼児教室に通うほうが、親子の絆が強くなります。いろんな場所に一緒に行き、同じものを見て、同じものを聞き、同じことを体験することが大事です。親子のスキンシップや会話の時間を積極的に作ることで、親子の絆は強くなります。また、母親はママ友を作ることで、精神的にも落ち着いてストレス解消にもなるでしょう。